ナビゲーションをスキップ

京建労紹介

京建労について

建設業に従事され、京都府にお住まいか京都府でお仕事をされている方なら誰でも、一人でも加入できます。一人親方・事業主の方も入れます。

 一人ひとりがばらばらでいるのではなく、京都府内7万人の建設労働者が一つになってこそ、職人と家族の仕事とくらし、いのちを守ることができます。

 京建労は、1950年、「ケガと弁当は手前もち」という無権利状態の時代に、重税のとりたてにたえかねて18人の大工さんで結成され、現在17,000人の組合員を擁し、京都の建設労働者の大きなよりどころとなっています。このことは、設立当初から一貫して建設労働者とその家族の仕事とくらし、いのちを守るために奮闘してきた証となっています。

 今ではあたりまえの数々の制度も、仲間の団結とがんばりがあったからこそできたものです。

 まだ加入されていない建設労働者・中小建設業者・職人のみなさんに、ぜひ加入をおすすめします。

建設労働者にピッタリ 充実の国保・共済

建築国保
医療費がどんなに高額になっても、本人負担はひと月3,000円までの医療費払戻し制度で、あなたも大きな安心を。保険料は所得に関係なく定額。格安の健康診断も実施しています。
けんろう火災共済
安い掛け金で、万が一にも安心の大型保障。借家の方も家財の保障があります。
けんろう自動車共済
共済だから割安な共済掛金・充実した補償とサービス。団体割引20%(※)が適用でき、さらに共済掛金がお得。事業用車両でも加入できます。あなたも、いますぐ見積もりを!
※団体割引20%は、共済期間の始期日が平成20年9月30日までの共済契約に適用されます。

多彩なメリット

総合共済
建設職人・労働者は、病気で仕事を休むとその日から収入がなくなってしまいます。そんなときに頼りになる大型共済制度です。病気入院の場合、1日5,000円のお見舞金が1年間に最高45日分支給されます。
労災保険・雇用保険
事業主(親方)は、労働者(職人)を使うときには、かならず労働保険をかけなければなりません。京建労では労働保険事務を取り扱っています。
退職金共済
建築労働者も退職金がもらえます。30年間約232万円の掛金で、うけとる退職金は約371万円。若いうちの加入がお得。京建労では、一人親方の方に退職金手帳を発行しています。
建設工事賠償保険
転ばぬ先のつえ。「しまった」と思う前に、加入しておきましょう。保険をかけていた組合員さんから、「入っていて助かった」との声が寄せられています。
資格・講習
技能検定試験に備える事前の実技講習や、各種講習をおこなっています。建設業の許可の新規・更新も京建労で申込みができます。
不払い対策
京建労はこれまで1.6億円以上の、賃金や請負代金の不払いを解決してきました。賃金や請負代金の不払いで困っておられる方は、いますぐご相談ください。
税金・法律・融資相談
自主計算・自主申告の立場で、記帳・申告の相談会を実施。また、京都府内5か所の法律事務所とタイアップ、不払い、交通事故からプライベートな相談まで、顧問弁護士がていねいに相談にのります。
住まいの相談館 登録募集
京建労では仕事おこしのために、ホームページ「住まいの相談館」を運営しています。京建労の組合員なら「住まいの相談館」に無料で登録できます。
工具の盗難保険
京建労の組合員であれば特別掛金で加入できます。組合員が所有する電動工具等の機械工具類に損害が生じた場合に保険金をお支払いします。
業務災害補償制度
京建労の組合員であれば特別掛金で加入できます。国の労災保険にプラスして、事業主・役員・従業員など幅広く補償します。
加入すると経営審査の加点対象となります。
他にもいろいろバックアップの数々
作業損害証明の発行、家庭常備薬品のあっせん、建設資材のリース割引、職業病検診など。
Clip to Evernote  Check