ナビゲーションをスキップ

アスベスト対策情報

アスベスト対策/早期発見から労災申請まで

 アスベストの9割が建材として利用されてきました。建設労働者にとって、アスベストによる健康被害は他人事ではなく、すべての仲間の問題です。

 組合では、アスベスト疾患の早期発見・治療のため、各支部で行う「健康診断」受診組合員全員(40歳以上)について、専門医による胸部X線フィルムの再チェックを実施。その結果、精密検査が必要とされた方は二次健診(CT検査)を無料で受けることができます。

 さらに肺がんや中皮腫など労災認定疾病がみつかった方について、労災保険や石綿救済法による補償をかちとるための手続きを全面応援。これまでに、肺がんなどがみつかった50人の仲間の労災認定をかちとっています。

Clip to Evernote  Check