共済制度・くらし

災害に備える

待望の地震共済誕生!!

被災時の生活安定にけんろう地震共済にもご加入を

※地震共済の加入には火災共済の加入が必要です。

けんろう地震共済(火災共済オプション)
支給区分
補償限度額(最高口数)
建物(200口) 家財(40口)
全壊 1,000万円 200万円
大規模半壊 500万円 100万円
半壊 300万円 60万円
一部壊・その他 30万円 6万円
  • 木造(非耐火)1 口165円/年、鉄筋(耐火)100円/年
災害内容
火災共済 地震共済
火災などのとき 建物と家財合わせて
最高保障6,000万円
×
風水害・雪害などのとき 全壊で
最高保障450万
×
地震などのとき
建物と家財合わせて
最高補償額120万円
建物と家財合わせて
最高補償額1,200万円
臨時費用 最高200万円を限度
に共済金の15%以内
×
  • 木造(非耐火)1 口165円/年、鉄筋(耐火)100円/年

安い掛金でワイドな保障!!

年間木造3,000円の掛金で(鉄筋1,500円)最高500万円の保障

※ 掛金は年払い、一括払いのみとなります

火災以外にも保障はさまざま

※他にも落雷、漏水、破裂、爆発、航空機墜落、風呂の空だきなども対象になります

諸費用共済金

  • 持ち出し家財共済金
  • 失火見舞費用共済金
  • 漏水見舞費用共済金
  • 修理費用共済金
  • 風呂の空だき

※給付対象にならないものもあります。くわしくは支部事務所にお問い合わせください。

住宅の加入基準(最高400口まで)
居住面積
加入
限度
保障額
(1口10万円)
年掛金
木造(1口60円) 鉄筋(1口30円)
10坪 70口 700万円 4,200円 2,100円
20坪 140口 1,400万円 8,400円 4,200円
30坪 210口 2,100万円 12,600円 6,300円
40坪 280口 2,800万円 16,800円 8,400円
50坪 350口 3,500万円 21,000円 10,500円
58坪以上 400口 4,000万円 24,000円 12,000円
  • ●1坪あたり7口が限度です。木造・鉄筋とも50口からご加入ください。掛金は年払いです。
  • ●鉄骨住宅は特別な場合をのぞいて木造住宅扱いになります。
家財の加入基準(最高200口まで)
契約者の
年齢
家族人数
単身 2人 3人 4人 5人以上
29歳以下 500万円
(50口)
800万円
(80口)
900万円
(90口)
1,000万円
(100口)
1,400万円
(140口)
30~39歳 600万円
(60口)
1,500万円
(150口)
1,600万円
(160口)
1,800万円
(180口)
2,000万円
(200口)
40~49歳 900万円
(90口)
2,000万円
(200口)
2,000万円
(200口)
2,000万円
(200口)
2,000万円
(200口)
50歳以上 1,000万円
(100口)
2,000万円
(200口)
2,000万円
(200口)
2,000万円
(200口)
2,000万円
(200口)
  • ●1口あたりの掛金は住宅と同じです。木造住宅内家財、鉄筋住宅内家財とも50口からご加入ください。

うれしい広い保障範囲と、きめ細かい保障制度

自然災害
被害の程度 1口あたりの共済金額 お支払い限度
全壊 45,000円 450万円
半壊 15,000円~ 25,000円 180~270万円
部分壊 500円~ 4,000円 6 ~50万円
床上浸水 1,000円~ 10,000円 23 ~203万円
  • +さらに臨時費用共済金の15%

ご注意ください

■給付対象にならないもの
※共済契約者または共済目的の所有者の故意、重大な過失によって生じた損害 ※共済契約者が通知義務を怠ったとき ※罹災現場が保存されていないとき ※紛失、盗難による損害※燃焼機器、暖房機器等のみの損害 ※破裂、爆発により生じた当該機器の損害 ※地震、津波、噴火による損害(地震、津波等には別途見舞金あり) ※給排水設備の欠損、消耗、老朽化を原因とする漏水による損害 ※第三者の加害行為で損害額が1万円未満の損害 ※第三者の行為による損害で、損害賠償を受けたとき(受けた価額を限度) ※営業用資材、機器、商品等これらに類するものの損害 ※直接の原因が法令違反によるとき ※自然災害等による家財のみの損害 ※雨漏り ※事由発生日から1年が経過したとき(時効) ※その他、規程・細則で定めるもの

■重複加入にたいする共済金の按分給付(減額)について
(1)当火災共済の給付金を減額することはありません。 (2)全労済やJA共済、損保の場合は、当火災共済から給付があると減額されることがあります。 (3)原則として、どちらか一つの制度に加入してください。掛金が安く制度内容が良い、けんろう火災共済に絞っていただけると幸いです。
皆様のご理解とご協力をお願いします。くわしくは所属支部または、けんろう火災共済075-662-5321へお問い合わせください。

ページトップへ戻る

特集

  • 住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に