総合共済とは

総合共済とは

仲間と家族の暮らしの安心サポート

病気入院なら1日5,000円 年最高22.5万円の給付
 

建設職人・労働者は、病気で仕事を休むとその日から収入がなくなってしまいます。そんなときは仲間の力で助け合おうと、総合共済制度がつくられました。病気入院の場合、4日目(待機3日)から最高1年間で45日分が支給されます。

共済の掛金は組合費に含まれています

京建労に加入すれば、共済にも自動的に加入したことになります。
掛金は組合費に含まれており、70歳未満の新加入者は1か月755円(A型)、70歳以上の新加入者は1か月95円(B型)です。1.7万人の仲間の力で、安い掛金で大きな保障の共済制度を支えています。あなたも大きな助け合いの輪に、ぜひご参加ください(ただし、組合加入以前からの病気やケガは対象外)。

Clip to Evernote  Check