s1098-4- (2).jpg
 3月5日、本部青年部は「カニツアーin海雲館」を開催し、府内各所から45人の青年仲間と家族が参加しました。
 会場となったのはズワイガニの本場・京丹後市間人にある海雲館です。京都市内や南部の仲間はチャーターしたバスで参加し、奥丹後支部や宮津支部の仲間たちと交流を深めました。
 
s1095-2 (5).jpgのサムネール画像 1月22日、全建総連関西ブロック青年部協議会(関西青協)は先斗町歌舞練場にて第7回学習会を開催しました。関西各地から27人の建設青年が参加し、京建労からは3人の仲間が参加しました。
s1093-2-5.jpg
青年部の仲間たちは、他団体との交流機会を多くもって活動しています。
 11月23日の祝日に開かれた、京都保育団体連絡会主催の「第8回どんといけ!まつり2016」に参加しました。
 自分で材料をカンナで削って「マイ箸」が作れるブースを出店して、参加者に喜ばれました。
【建築ニュース1093号(2016年12月15日付)】
s1085-4-3.jpg
 7月10日、宮津支部青年部で天橋立清掃ボランティアを行いました。きっかけは宮津支部青年部が再稼働して2年目の2013年。黒田新部長のもと、少ない部員数ながらも「青年部として何か活動をしたい」という思いからでした。
 最初の年は部員4人と家族2人でスタート。3回目の今回、部員7人と子ども3人の10人と、参加人数もふえました。
s1084-6- (3).jpg
京建労青年部は6月26日に、熊本地震で被災した仲間への復旧支援ボランティア活動を行いました。作業は熊本や同じくかけつけた神奈川の青年仲間と共同で行いました。
 今回のボランティアに参加したのは阿部飛鳥部長を先頭に日笠廷志書記長、河合洋介副部長、小野高志前部長の4人の仲間です。
s1083-2- (6).jpg
 京建労青年部は6月5日、西京支部事務所にて第54回定期大会を開催し、代議員・執行部・来ひんなど48人が参加しました。
 議案では全支部での青年部結成などが提案されました。討論では参加した代議員や評議員から支部青年部の現状報告や、本部青年部に期待することなどが発言によって寄せられました。
s1079-2-1.jpg
  4月3日、京建労会館で開催された全建総連関西ブロック青年部協議会第49回定期総会に、京建労青年部から日笠廷志副部長と川辺一洋副部長(どちらも伏見)を先頭に5人が参加しました。全体では11県連・単組から青年部代表と来ひんあわせて30人が集まりました。
s1078-6- (2).jpg
 本部青年部は3月13日に八幡市の「男山レクリエーションセンター」にて春の交流会2016を開催しました。各支部から32人の仲間が参加しました。
 北は奥丹後支部からも仲間が駆けつけ、バーベキューと生ビールサーバーを囲んで大いに盛り上がりました。
 
s1076-2- (1).jpg
 
 全建総連・全国青年部協議会は2月14日から15日にかけて、静岡県熱海市で第55回定期大会を開催しました。全国48県連・組合から142人が参加。京建労青年部からは、阿部飛鳥青年部長を先頭に4人が参加しました。
 全体会議では京都を代表して阿部部長と林晃太郎書記長が発言しました。阿部部長は「京都の青年部は『つながる広がる』を合言葉に青年部活動を行っています。京都市長選挙に、神奈川から青年仲間が駆けつけてくれるなど、つながりは全国に広がっている実感があります」と発言。また林書記長は、1月29日に出された関西建設アスベスト京都訴訟の勝利判決について報告とお礼をのべました。
 林書記長は「勝利判決は、全国の仲間のみなさんの『全面解決』を望む願いが、裁判所に通じた形になりました。京都を代表し、仲間のみなさんの協力にお礼を申し上げます」と話し、会場からは大きな拍手がおこりました。 
【建築ニュース1076号(2016年3月15日付)】

春のBBQ交流会2016開催決定

2016年2月23日(火)
20160313春の交流会(BBQ).jpg
京建労青年部春の交流会2016 開催決定

アーカイブ